中国向けホームページ開設時の注意点

簡体字中国語のホームページを作ろうとする場合、
中国固有の注意点が有ります。

日本で見れているホームページが中国では見れない?

中国ではGoogle, Twitter, faceebook, LINE,Youtubeなどは禁止されており使用できません。
その為、中国では独自のインターネットサービスが普及してます。

例)
Google (日本) 百度.com (baidu.com) (中国)
Twitter (日本) 微博 (weibo.com) (中国)
facebook (日本) 人人網 (renren.com) (中国)
Youtube (日本) 优酷首页 (youku.com) (中国)
LINE (日本) 微信 (WeChat) (中国)

なぜ独自のサービスが発展しているのか?
それはホームページなど開設が自由でないことが一因です。

中国国内のインターネット網から中国国外へのインターネット網へのアクセスは
検閲があり、接続できないケースもあります。
その為、折角作った中国人向けの簡体字中国語ホームページが中国国内では
見れていないことも多々あります。

そこで、中国国内の方々に確実に情報を届けるには中国国内のサーバに
ホームページを置く必要があります。

しかし、中国ではホームページの開設は自由ではなく、全てのホームページで
ICP(Internet Content Provider)登録や
ICP(Internet Content Provider)ライセンスなど
届出や許可が必要になります。

ICP(Internet Content Provider)の役割分担
非営利目的サイトの場合 ICP登録
営利目的サイトの場合 ICP登録 + ICPライセンス

ICP登録やICPライセンスも取得しないと?

中国ではホームページの運営者が個人・法人・国籍を問わず
「ICPサイト登録」を法令で義務化してます。
当局申請後トップページに許認可番号を表示が義務です。

もし、ICP登録やICPライセンスを適切に取得していない場合は

・罰金
・運営サイトの停止
・サーバーの没収
・ホスティング企業との取引禁止

となりますのでご注意ください。


ICP登録てどうすればよいの?

下記のサイトより申請できます。
オンライン申請窓口(中国語)

※ 申請には中国国内に法人格が必要です。
※ ICPライセンスは、中国企業の資本比率が51%以上が必要で、日本の企業など外国企業が50%以上出資をしている会社はICPライセンスの取得はできません。
※ 名義貸し・住所貸しなどでICP登録を代行する業者はございますが、違法の可能性があるので弊社では取扱しておりません。


中国からFIT集客やWEBプロモーションはどうすれば良いの?

1, 中国の旅行サイト使ってのプロモーション
 この方法は比較的早く集客効果が見込めるプロモーションです。
 しかし、楽天トラベルやじゃらんnetのような日本企業のサイトの影響力は限定的です。
 中国では独自のWEBサイト「シートリップ(Ctrip、携程)」が圧倒的な影響力を持っています。
 シートリップを活用することをお勧め致します。
 当社ではシートリップの申請から運用までサポートいたします。
 お気軽にお問合せください

シートリップ等のOTAサポート

2, 日本のWEBサーバで簡体字中国語サイト運営して、プロモーションをする。
 この方法は手軽スタートができます。 しかし、共産党大会が近づいたり、日中関係が悪化した際は
 中国国内からのアクセスに制限が掛かる場合があります。

3, 規制がなく、効果が見込める東南アジアなどにターゲットをシフトする。
 中国国内のWEBプロモーションは旅行代理店やシートリップを使い
 FITは東南アジアなどにターゲットをシフトするのも一つの方法です。

タイ人集客


お問い合わせ